がん保険の基礎知識と人気のある保険会社をランキング形式にて紹介していきます。

がん保険口コミランキング! TOP

近年は、がんの発症率が高まっており、年齢に関係なくがんを発症する方が多くなっています。また、日本人の死因のトップががんであることも考えると、がんは誰にでもかかりうる病気であるといえるのではないでしょうか。
そのため、がん保険の必要性も高まってきます。
そして、がん保険の需要が高まってきていることもあり、数多くの保険が販売されています。

がん保険は保険料が高いのではと思う方もいるかと思いますが、がん保険のほとんどは掛け捨てタイプであるため、月々の保険料は比較的安くなっています。
万が一に備えて保険に加入することは必要ですが、あちらこちらの保険に加入してしまうと毎月の保険料も高くなります。そのために生活が圧迫されるのであっては本末転倒ではないでしょうか。

その点を考慮すると、がん保険は比較的加入しやすい保険ではないでしょうか。
がんは生活習慣が原因で発症すると言われており、タバコを吸っている方にがんの発症率が高いとも言われます。
しかし煙草を吸っていない方でも肺がんを発症するケースがあります。
本当に、がんは誰でもいつ発症するかわからない病気です。注意をしていてもがんになる方はなるし、不規則な生活を送っていても、病気にならず健康を維持できる方もいるのです。そのため、保険に加入することは大切なことなのです。


ランキング1位
みんなのほすピタる「ガンタイプ」 新・医療総合保険
みんなのほすピタる「ガンタイプ」 新・医療総合保険

アメリカンホームダイレクトのがん保険「みんなのほすピタる・ガンタイプ」は、基本保障(がんと診断を受けた場合の一時金、がんによる入院、先進医療を受けた際の治療費)に加えてがんの手術、退院した場合の一時金、退院後に通院をする必要が出た場合の治療費用を追加できます。
基本保障をシンプルに、オプションで細かな保障を選び、手ごろな保険料で必要な保障を確保できます。 アメリカンホームダイレクトのがん保険「みんなのほすピタる・ガンタイプ」は、基本保障(がんと診断を受けた場合の一時金、がんによる入院、先進医療を受けた際の治療費)に加えてがんの手術、退院した場合の一時金、退院後に通院をする必要が出た場合の治療費用を追加できます。
基本保障をシンプルに、オプションで細かな保障を選び、手ごろな保険料で必要な保障を確保できます。
※先進医療の補償については、対象となる治療の種類が限定されている等について「契約概要」等でご確認ください。

●ガンについては補償内容によって、保険期間の開始日から91日目より前に医師にガン(悪性新生物、上皮内新生物)と診断された場合は補償の対象とならないことがあります。詳しくは資料にてご確認ください。
●この保険は詳細な健康告知などによる審査が必要なガン保険です。
●健康告知等によってはご加入いただけない場合があります。
【加入可能年齢:満20歳~満80歳】 性別・コース・オプション補償の有無により異なります。
【保険期間:終身】 ただし、先進医療費用の補償は10年毎の自動継続となり満90歳で終了となります。

保険期間 先進医療保障 評価
終身 特約 評価5
公式サイト

ランキング2位
生きるためのがん保険Days
生きるためのがん保険Days

アフラックのがん保険「生きるためのがん保険Days」はがんと診断された時の診断給付金が100万円。上皮内がんの場合でも10万円が支給されます。
がん治療の三大治療と呼ばれる「手術・放射線・抗がん剤治療」への保障が手厚く、入院だけではなく通院も日数無制限。通院治療が多いとされるがんの治療にしっかりと備えます。

保険期間 先進医療保障 評価
終身 特約 評価4
公式サイト

ランキング3位
がん治療支援保険
がん治療支援保険

東京海上日動あんしん生命のがん保険「がん治療支援保険」は無配当型で通院・先進医療に備えます。
通常のがん保険では上皮内がんは対象外だったり、減額になりますが、このがん保険では初期のがんでも悪性新生物と同じ金額の診断給付が受けられます。
初回の診断時以降も再発や移転などが起きた場合でも給付金が支給されるためがんの特徴でもある再発への備えを重要視しています。

保険期間 先進医療保障 評価
終身 特約 評価4
公式サイト

ランキング4位
&LIFE新がん保険α
&LIFE新がん保険α

三井住友海上あいおい生命のがん保険「&LIFE新がん保険α」はがんによる入院、がんの手術の保障を基本保障とし、治療から退院後に至るまでトータルにサポートを行う保険です。
治療で発生する費用や退院後に在宅で療養する場合の給付金、万が一お亡くなりになった場合の死亡保障まで豊富な特約でカバーします。

保険期間 先進医療保障 評価
終身 特約 評価3
公式サイト

ランキング5位
My終身ガン保険
My終身ガン保険

チューリッヒ生命のがん保険「My終身ガン保険」は悪性新生物だけではなく、上皮内新生物という診断を受けた場合でも診断給付金が支給されます。ただし、上皮内新生物では「悪性新生物治療給付金」は支給されません。
治療に関する保障は手術・入院・通院・先進医療と、治療全般をカバーしているためがん治療への備えに強いがん保険です。
プランは50万円~200万円と3つのコースが用意されているので必要に応じて選択が可能です。

保険期間 先進医療保障 評価
終身 あり 評価3
公式サイト

がん保険の必要性

がんの治療費はかなり高額になっています。
例えば、放射線治療の一つに重粒子線治療というものがあり、この方法は、他の放射線治療に比べて副作用が少なく、がん抑制にも高い効果があるとのことで注目されてる治療です。しかし、この治療法は、健康保険適用外で全額費用は自己負担となり、1回の治療で300万円もかかるとのことです。

また、白血病を発症した場合も、他のがんに比べて入院や治療が長引き、かなりの治療費がかかります。中には、8ヶ月の治療に500~600万円程度かかるとの話も聞きます。
このように、がんを発症すると高額な治療費が必要となります。

そして、がんは一回治療して終わりではなく再発の可能性もあります。
がん再発した場合、また一から治療を行いますので治療費もかかります。
このように高額な治療費を保障するためにがん保険が存在するのです。

一般の医療保険のほとんどは、入院給付の上限が120日になっているので、治療が長引くがんにはほとんど役に立ちません。
がん保険であれば、給付日数や回数に制限のないものが多く、長期化する入院や長引く治療に対して手厚い保障が受けられます。

このように、一回の治療費用も高額で、その治療も長引くがんに対して治療費用を補てんし、患者とその家族の経済的負担を軽減するためにがん保険は存在します。


おすすめの保険会社

・アメリカンホーム・ダイレクト
安い保険料でがんのさまざまな治療に対応するがん保険です。
がん治療の三大治療の保障をはじめ、それぞれのニーズに合わせてオプションを付帯できます。がんになった時に手厚い保障を受けたいという方におすすめの保険です。

・アフラック
がん保険のシェア率がNo.1となっている終身型のがん保険です。
入院治療をはじめ、通院による放射線・抗がん剤治療に対しても日数無制限で保障しています。「がん先進医療特約」をオプションで付けられることが魅力ともなっています。

・チューリッヒ生命
一定の保険料を納め続けるだけで一生涯手厚い保障が受けられる終身型のがん保険です。給付金は回数、日数制限なしで繰り返し保障が受けられます。
そして、がん治療のための通院治療まで保障がうけられますので、がんになった際に手厚い保障が受けられます。

・NSJKひまわり生命
がん治療のための入院・手術費用をはじめ、通院や往診による治療、先進医療費用までサポートするがん保険です。
初期のがんに対してもがん診断給付金を支給し、がん治療のための費用を一生涯保障してもらえます。女性専用のがん保険「ルミエール」も提供することで、女性特有のがんを手厚く保障しています。

・三井住友海上きらめき生命
オプションが豊富に取り揃えてあるがん保険です。
給付金は回数・日数制限なしに受け取ることができますので、再発や転移に備えることもできます。5つの特約を設けており、それぞれのニーズに合ったものを付帯できるので、手厚い保障が受けられます。

トップページへ

 

ホーム | 会社情報 | 利用規約・免責事項 | 個人情報保護の方針について